フレッツ光のv6プラスとは?【旧式の通信方式との違いを解説】

マンションやアパートを使っていると固定回線がNTT提供のフレッツ光だったりすることが少くない、
そんな時によく聞くのが「v6オプション」が使えますとか「v6プラス対応です」ではないだろうか?

完結に言ってしまえば、「v6オプション」というのはIPv4アドレス従来のインターネット通信を
IPv6次世代のインターネット通信にマスク(囲って)通信をするデュアルスタックの一種のことで、
これによりIPアドレスの枯渇が近い現代の通信を支えている。

今回は、そんな旧式通信と新式通信の違いを中心にv6プラスの技術的な仕組みと、
メリットを解説していきます。

目次

旧式のフレッツ光「PPPoE方式」について

登場最初期のフレッツ光やBフレッツ、ダイヤルアップ接続などで使われていた方式で、PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)「イーサネット経由による2拠点中継通信」という方式で日本では一番利用されている WAN 用の L2 プロトコル「ルーター同士をつなぐための通信規則」
です。

Ethernet のメリットは『普及しているため安価』『高速な LAN で利用可能』ですが、
デメリットは『認証機能がないこと』が挙げられます

一方、PPP のメリットは『認証によるアクセス制御が可能』ですが、
デメリットは『低速な WAN 回線用に発展した L2 プロトコルであること』が挙げられます。

これらのいいとこどりをしたのが PPPoE です。

つまり『高速で安価な Ethernet を使いつつ、PPP による認証を備えた L2 プロトコル』なのです。

なお、認証とは、ルータに設定する PPPoE 用の ID・パスワードによるものです。

仕組み

以下に一般的な PPPoE の仕組みを図示します。

まずルータの WAN インタフェースに PPPoE の設定をします

設定内容は PPPoE の ID="[email protected]"、パスワード="xxxxxxxx" だけでなく、ルータの WAN インタフェースに IP アドレスのネゴシエーション設定 (Cisco の場合は "ip address negotiated") を投入します。

これは後述する IPCP による IP 自動取得をする、という意味です。

次に、ルータは NTT 東・西の 
BAS (Broadband Access Server) = PPPoE サーバに PPPoE の認証の要求をします

ちなみに、接続先のPPPoEサーバのこと一般的にアクセスポイントと表現します。

認証情報は書くISP(接続サービスをプロバイダー)の会員証に記載されていることが
多かったですよね。

すると PPPoE サーバは Radius プロキシ サーバを経由して ISP の Radius サーバに認証をかけます。
※局舎端末(網終端装置)内部の説明は省略します。

Radius プロキシサーバは @ 以降のドメインを見て、どの Radius サーバに中継するかを決定します。これにより各 ISP の Radius サーバの IP (@ 以降のドメイン名を DNS で名前解決) を特定しているのです。また、ISP 内で Radius の負荷分散をしている場合もあります。

なお、電力系会社の回線と ISP 一体型等の場合は、@ (あっとまーく) での区切りが無い場合もあります。

ISP への PPPoE 認証が成功すると、IPCP という機能によりルータの WAN インタフェースにグローバル IP アドレスが払い出されます。

これは前述の IP アドレスのネゴシエーション設定によるものです。これと同時に、ルータと ISP の PPPoE サーバの間で PPPoE トンネリングが張られます。

夜中は使い物にならない?!

よく夜中、Bフレッツ光が使い物にならないなんて言う話聞いたことはありませんでしたか?

これこそ、PPPoE方式の弱点、夜9時ごろになり、社会人や学生が帰宅してネットサーフィンを
始めだすと、NTT局舎の網終端の処理が(アクセス集中)限界に達し、認証が途切れたり・速度低下が起きたりするわけです。

そもそも旧式のフレッツ回線では仕様により上り下り100Mbps~200Mbpsのベストエフォート
と言われています。

新式のフレッツ光やauひかりで使われる「IPv4 over IPv6(IPoE方式)」について

新式のフレッツ光(ネクスト・ライト・クロス)やau光などで使われるWAN 用のL2プロトコルで、エンドユーザーからインターネットまでの経路を全て、Ethernetに置き換えることで網終端装置に対して認証行わずに済むよなり高速かつ安定した通信ができるようになった。

このため、回線が一本化されることから「ネイティブ(直通)方式」とも呼ばれている。

  • 認証が要らないの安定かつ高速
  • 認証情報が要らないので接続作業がかんたん

以上が大きなメリットでデメリットは

  • 回線によってはポート開放ができない
  • 固定IPが割り当てられない
  • DDNSが使えない

といったところがある。

具体的な仕組み

IPv6接続オプションとv6プラスの違いは、ISPを経由するかしないかの違いです。

IPv6にもいくつか種類があり、小難しい話になるので簡単にまとめてみました。

IPv6 PPPoEIPv6 IPoE接続v6プラス
(IPv6 IPoE
+IPv4)
ISP経由する経由しない経由しない
メリット-・認証不要で速い・IPv4とIPv6同時接続可能
・認証不要で速い
デメリット・IPv6のみ
・認証必要で混雑
・見れないサイトあり
・IPv6のみ
・IPv4でしか見られない
サイトは閲覧不可
特定ポートを使うサービスは利用不可
(一部オンラインゲーム)

IPoE方式は網終端装置を経由せず、代わりに「ゲートウェイルータ」という設備を経由します。

10G向けのフレッツ回線(光クロス)でもその持ち味を生かせるMAPーE方式の事業者と契約することが
おススメです。ISPや接続サービスによってはDS-Lite方式を使っている場合もあります。

利用料について

フレッツ回線の場合

フレッツ回線を使用している場合は、Transix(DS-Lite方式)は提供サービスプロバイダーへ

MAP-E形式(フレッツ・v6オプション)にあたる場合は契約のサービスプロバイダーまたはNTT
公式のNGN(フレッツ光 情報サービスサイト)でお申し込みすることで月額使用料・工事料なしで
利用可能です。

また、フレッツ回線・クロス 10Gタイプ等の高速通信回線を契約の場合はISPまたは、NTTを
通じでv6オプション相当のIPoE通信サービスがあらかじめ付帯されています。

auひかりの場合

auひかりでは、あらかじめIPoE形式でかつDual-Stackと呼ばれるIPv6もv4をも両方独立した
完全占有可能なアドレスが払い出される形をしています。

KDDIの発表で共用型グローバルIPアドレスとなっていますが、IPアドレスは契約のホームゲートウェイルーター
のMACアドレスに紐づけられる形で払い出されているため25Port Blockを除くほとんどのポートを占有し開放したりすることが可能です。

まとめ:フレッツ光・v6オプションで快適なネットライフ!

ここまでフレッツ光がネクスト以降で活用する新通信規格IPoEについて解説しました。

  • ISPの認証を省略しIPv6通信にカプセルかすることで通信劣化が抑えれる
  • 利用料はかからない
  • 回線種別によっては事前の申し込み不要

フレッツ回線のIPoEかダークファイバ―や独自回線かでポート開放のできる範囲が異なる。
次回はもう少しIPv6の共存方式について細かく見ていきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェア!

この記事を書いた人

爲國 勇芽(魔理沙っち)のアバター 爲國 勇芽(魔理沙っち) 自称:精肉社畜個人投資家自作erブロガーゲーマー

埼玉県在住のスーパーのフリーターをしながらAdsense広告によるマネタイズについて研究しています。

ITの様々なニュースや小技の発信とネット回線を紹介するメディアを運営しながら広告マネタイズのテクニックやアドテクにまつわる情報を発信しています。