どの種類がいいの?VRヘッドセットの使い方と選び方

「家でVR体験をしたい」「できるだけ没入感のあるVRを」と考えた時、VRデバイスを購入するのが
一番でしょう。しかし、VRデバイスと一口に言っても、機能や価格帯は様々ですから目的に適した
物を選ぶ必要があります。

そこで今回は、3種類のVRヘッドセットの使い方と選び方を紹介します。

目次

VRデバイスは、大きく以下3タイプに分けられる

VRデバイスは、大きく以下3タイプに分けられます

1「据え置き型」

パソコンやゲーム機とヘッドマウントディスプレイ(HMD)を有線で接続し使用するもので、
非常に高度なグラフィックス処理を可能としており、臨場感の高いVR体験が得られる。

※パソコン(ゲーム機)+ヘッドマウントディスプレイを用意する必要があり、非常に高価です。

2「スタンドアローン型」

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)内にCPU、通信機能、センサーや電源を内蔵しており、
コントローラーと合わせてワイヤレスの状態でVRコンテンツを楽しむ事が可能なデバイス。

※Meta Quest2などは価格も比較的安くなり、十分な動作性能と多くのコンテンツに対応しているため、
世界中で人気を博している。

3「スマホ+VRゴーグル型」

スマホをVRゴーグルに取り付けて使用するタイプで、主に動画の視聴に使用する。

※スマホで再生するVR映像が拡大されて映し出されるしくみになっており、
ほかのタイプと比べると非常に安価で購入できます。(スマホが別途必要です)

最もスタンダードでお手軽に始めれるVR体験です。

購入を検討している人に向けて、スマホ対応VRゴーグルの使い方と失敗しない選び方をご紹介しましょう。

スマホ対応VRゴーグルの使い方

まずは、スマホ対応VRゴーグルの使い方を見て行こう。最新の技術が凝縮された機器なだけに、
様々な設定が必要なようですが、手順さえ覚えてしまえば、だれでも簡単・手軽に使いこなせる物です。

順を追って説明します。

1.事前に必要なアプリをインストールしておく

スマホを使ってVR体験をする場合、まずは使いたいVRアプリをスマホにインストールしておく必要がある。
必要なアプリは、予め全てインストールを済ませて、最新版にしておこう。

2.スマホを装着して接続

VRアプリのインストールが完了したら、ヘッドホンやイヤホンをスマホに接続しよう。
コンテンツを選び再生させたら、スマホの2分割映像の中心をVRゴーグルののぞき窓の中心に合う様に、
セットを行い、VRゴーグルのカバーを閉めます。

VRゴーグルを頭に被りバンドの長さを調節すれば装着完了!

3.画像が鮮明に見えるように調整しよう

据え置き型とは違って、トラッカーやコントローラの位置を調整するキャリブレーションと言う作業は必要
無くこの時点でVRコンテンツによる臨場感を味わうことができます。

ゴーグルを頭に装着したら、ピント調整ダイヤルや目幅調整ダイヤルを使って、最も映像が鮮明に見える
位置に調整したらすべての設定完了。

※なお、VRゴーグルの長時間使用は酔ったり、健康被害に悪影響(慢性な眼精疲労の要因)になる
ため、時間や体調に注意をしながら適宜、休憩や水分補給など目の休息を与えながら楽しみましょう。

スマホ対応VRゴーグルにはどんな種類があるの?

スマホ対応VRゴーグルは大きく分けて「手持ち簡易型」「ヘッドバンド型」があります。

「手持ち簡易型」の代表的なものは、段ボールなどで作られた組み立て式の物で、
短時間コンテンツを視聴するときなどに使用します。

ひと昔前は、Googleが段ボールから自作可能なVRゴーグル「cardboard」と呼ばれるもので360°の立体動画
見ると言うのが流行っていましたが、今は設計図自体配信されていないようです。

「ヘッドバンド式」は頭に取り付けハンズフリーでコンテンツ視聴が可能で、
比較的長い時間の視聴に適しています。

スマホ対応VRゴーグルの選び方のポイント

スマホ対応VRゴーグルを選ぶ際には、以下の3つのポイントをチェックしておきましょう。

自分のスマホに対応しているゴーグルか確認する

まずは、購入を検討しているVRゴーグルが「自分のスマホに対応している」ことを確認しましょう。
機種によっては、サイズの関係などでVRゴーグルが利用できない場合がある。

一般的なスマホサイズよりも大きい、もしくはスマホケースを付けたまま視聴したい場合は、
大きなサイズに対応できる物を選ぶと良いでしょう。

逆に小さいスマホで利用されたい方はサイズ切り替えがアダプターで余白スペースを塞げる製品をがオススメ!

※視野角:ヘッドマウントディスプレイ型のVRデバイスでは視野角は重要なスペックとなりますが、
スマホ対応のVRゴーグルで動画を視聴する場合の視野角は、スマホサイズ(長手方向)ならびに視聴される
コンテンツの設定(設計)に依存するため、ゴーグル自身の視野角に大きな意味がないので(コンテンツの設定で視野角調節が可能なものもある)、対応サイズを重視すると良い。

価格に影響する要素

機能や性能の違いによって、色々なVRゴーグルが存在し、価格に影響している。

廉価な物=ピント目幅調節ができなかったり、フェイスクッションやヘッドバンドが簡易的

※ピント固定式でもレンズの焦点距離が決まっているので比較的問題は少ないが、目幅調節は視差のある
映像を1つにまとめるための調節機能なので、特に7インチの幅広スマホを使用される場合は、必須の機能
となる。(コンテンツによっては視差調節が可能なものもある)

高機能品

・ヘッドホン(イヤホン)内蔵:ヘッドホン内臓のVRゴーグルであれば、使用するたびにヘッドホンやイヤホンを接続する手間が無く、コードが邪魔にならない。ヘッドホンが無い場合は、なるべく高品質で良い音の出せる
ヘッドホンやイヤホンを用意しましょう。

・VRリモコン内臓(付属):VRゴーグルにセットしたスマートフォンは指で直接操作することができなくなる
ため都度VRゴーグルを開閉して操作をしたくない場合は、VRリモコンの付属しているゴーグルがオススメ

(コンテンツによっては頭(視線)の動作でコンテンツ操作が可能なものも有ります)

・ハード素材のヘッドバンド:締め付けがきつく髪型が崩れるゴムバンド式のヘッドバンドが嫌な方(特に女性)
にオススメ

・ブルーライトカットレンズVR動画視聴は、スマホからのブルーライトを直接浴びため、眼精疲労(目の疲れ)や視力低下を引き起こす場合があります。スマホ自体にブルーライトカットフィルムなどを装着していない場合
には非常にオススメ

・2D画像も視聴可能:VR画像だけでなく、360度の2D画像やTVや普通の2D画像もスマホを大画面にして視聴可能な欲張り機能。

使用用途と着け心地

VRゴーグルをどのような姿勢で、どのぐらいの時間・頻度でなにを視聴するかでも選択肢が変化する。
色々な方向を眺める動きが多めのコンテンツを視聴する機会が多い場合は、しっかりと頭に固定できる
ハードバンドがオススメ。

一方、装着時間が長い場合はゴーグルが頭にあたる部分で頭痛の要因などになるため、VRゴーグル自体が軽量でフェイスクッションのしっかりした物を店頭などで試着し選択することが重要である。

寝姿勢で視聴する場合は、枕に頭をのせても違和感の少ないゴムバンドタイプがオススメ

また、頻繁にコンテンツを操作する場合はVRリモコンを用意しておくと快適に楽しめる。

事前にリサーチして失敗しないVRゴーグル選びを

多くの種類があり、性能差や価格帯も広い上、次々と新製品が登場するため、選ぶのが難しいスマホ対応のVRゴーグル。

初めてのVR機器選びに失敗しないためには、ここで紹介した選び方のポイントを確認しながら、予算や使い方に合った物を選ぼう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェア!

この記事を書いた人

爲國 勇芽(魔理沙っち)のアバター 爲國 勇芽(魔理沙っち) 自称:精肉社畜個人投資家自作erブロガーゲーマー

埼玉県在住のスーパーのフリーターをしながらAdsense広告によるマネタイズについて研究しています。

ITの様々なニュースや小技の発信とネット回線を紹介するメディアを運営しながら広告マネタイズのテクニックやアドテクにまつわる情報を発信しています。