サイトのパフォーマンスは、ビジネスの成功に直結します。

訪問者を待たせず、スムーズなユーザーエクスペリエンスを提供するためには、
CDNの導入が不可欠です。しかし、CDNとは具体的に何を指すのでしょうか?

この記事では、CDNがサイト高速化に欠かせない理由と、その知識について掘り下げていきます。

目次

CDNとは何か? コンテンツデリバリーの基本を理解する

CDNは「Content Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)」の略称で、webページやwebアプリケーション、動画などのコンテンツを利用者に迅速に配信するためのシステムです。

グローバルに配置されたサーバー群を利用することで、
ユーザーの位置に関わらず一定の速度でコンテンツを提供することが可能になります。

サイトの高速化を実現するためには、このCDNが非常に重要な役割を担っています。
また、データの転送効率を向上させることにより、ウェブサイトの運営コスト削減にも寄与します。

CDNの仕組みとは? 分散ネットワークの役割

CDNの仕組みを簡単に説明すると、元のコンテンツが保管されているオリジンサーバから、
全世界に設置された複数のエッジサーバーへとコンテンツが複製されます。

ユーザーがコンテンツをリクエストした際には、
訪問者の位置に最も近いエッジサーバーが応答し、データを迅速に届けることができるわけです。

この分散ネットワークの役割によって、データ転送時間が短縮され、
ユーザーエクスペリエンスが向上します。

それに加えて、トラフィックの集中によるオリジンサーバの負荷軽減ももたらされ、
スケーラビリティと可用性の向上が実現するのです。

似た機能にロードバランシングと言う物があります。

エッジサーバーとの関係 ネットワークの端点を利用する理由

エッジサーバーは、文字通りネットワークの端点に位置し、ユーザーに最も近い地点でコンテンツを提供する役割を持っています。

なぜこのような端点を利用するかというと、端点に近い場所でデータを提供することにより、
データが長い距離を移動することなく、結果としてレスポンスタイムを大幅に短縮できるからです。

特に地理的に離れた場所にいるユーザーにとっては、遅延の低減というメリットが顕著に現れます

また、エッジサーバーにはキャッシング機能が備わっているため、一度読み込まれたコンテンツを一定期間キャッシュとして保持し、後続のリクエストに対して高速に応答することが可能となるのです。

パフォーマンス向上にどう貢献するのか?【 CDNのメリット】

CDNはウェブのパフォーマンス向上に多角的に貢献します。

まず、コンテンツの読み込み速度が向上することで、
ユーザーエクスペリエンスが大幅に改善される点が挙げられます。

速度の向上は直接的にページ離脱率の低下やコンバージョン率の向上に繋がり、
ウェブサイトの目的達成に欠かせません。

次に、CDNの利用はサーバーの負荷を分散させるため、
急激なトラフィックの増加があっても安定したサービス提供が可能になります。

また、大規模なDDoS攻撃からの防御効果もあり、セキュリティ面での恩恵も大きいのです。
さらに、国際的なアクセスに対してもロールバック無しで応答可能であり、
グローバルなビジネスに活かすことができるでしょう。

パブリッシャーの利便性にどう影響するのか?【CDNのデメリット】

優れている物には必ずデメリットと言う劣る点があります。
CDNを導入することによるウェブマスター(パブリッシャー)が受けるデメリットは、

  • コンテンツを更新しても即座に反映されないことがある
  • CDNサーバの設定間違いによる事故が起こり得る
  • アクセスログが取得できない
  • アクセス元の特定がしにくくなる
  • サイトの変更が反映されにくくなる
  • キャッシュ事故のリスクがある

詳しい解説は以下で行います。

サイト高速化のための重要要素 レイテンシとは?

サイトの応答速度は重要なファクターですが、中でもレイテンシーは特に大きな影響を持っています。

レイテンシとは、データが一点から別の一点まで達するのに要する時間のことで、
通信速度に直接関わる重要な要素であるのです。

主にネットワークの遅延として知られており、
この遅延時間が長いとユーザー体験は悪化し、サイト訪問者の離脱率が高まる原因となります。

ネットワーク上でのデータ転送プロセスは、
多くのホップや中継点を経由することで遅延が発生することから、

これをいかに短縮するかがサイト高速化のカギを握るのです。

レイテンシを低減することの重要性

ウェブサイトを訪れる際に、すばやくページが表示されることはユーザーにとって非常に大切です。

レイテンシが高いと、読み込みに時間がかかり、
ユーザーのイライラを誘発し、最悪の場合はサイトを離れてしまうことになります。

したがって、できる限りレイテンシを低減することは、
ユーザーエクスペリエンスを向上させる上で不可欠なのです。

さらに、検索エンジンは高速なサイトを評価する傾向があり、
速度がSEOに与える影響も無視できません。

レイテンシが発生することで初期の1バイトであるTTFB:Time first byteに悪い影響を与えてしまい、ランキングシグナルを悪くするのは無視できないです。

レイテンシ低減には多くの方法がありますが、
特にCDNの利用やサーバーとクライアント間の距離を最小限に抑えることが有効です。

最終的には、これらのパフォーマンス改善策により、
サイトのコンバージョン率の向上にも直接つながるでしょう。

Webページ速度の改善方法

Webページの速度向上には様々なアプローチがありますが、
基本的にはレイテンシーの低減とリソース最適化に重点を置きます。

まず、ページのサイズを小さくするために画像やスクリプトの最適化を行うことが必要です。

画像は適切な圧縮を施し、
スクリプトは不要なコードを削除してロード時間を短縮することがポイントです。

また、ブラウザキャッシュの活用やHTTP/3の導入により、
複数のリソースを同時に効率的に取得できるようにすることも重要です。

これらの改善策に加えて、
CDNの導入によりネットワーク経由でのデータ転送を高速化することも非常に有効でしょう。

これらの方法を組み合わせることで、
Webページのパフォーマンスは大きく改善され、ユーザー体験の向上につながります。

CDNがもたらすリソース最適化の効果

インターネットを利用したサービスでは、
ユーザー体験を高めるためにページの読み込み速度が重視されます。

CDNはこの課題に対する解決策の一つです。

Content Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)とは、世界各地に配置されたサーバーを通じて、ユーザーの近くからコンテンツを配信することで、レスポンスタイムを短縮し、サイトのパフォーマンスを向上させるシステムです。

Webサイトやモバイルアプリなどのリソースを最適化し、エンドユーザーにスムーズな体験を提供するためには、CDNを効果的に導入することが必須となります。

静的コンテンツと動的コンテンツの違いとは?

Webサイトには、大きく分けて静的コンテンツと動的コンテンツが存在します。静的コンテンツとは、HTML、CSS、画像ファイルなど、サーバー上であらかじめ作成されたファイルを指し、一方で動的コンテンツはユーザーのリクエストに応じてリアルタイムで生成される内容です。

例えば、ユーザーの行動に基づいて表示が変わるウェブページや、データベースの情報を取り出すような処理がこれに当たります。CDNは特に静的コンテンツの配信に効果を発揮し、世界中どこからアクセスしても、高速でコンテンツが届けられるようになります。

しかし、動的コンテンツに関しても、CDNを利用することで一部のデータをキャッシュとして保存し、
パフォーマンスを向上させることが可能です。

WordPressなどのCMSと呼ばれるもので作成されるサイトは全て動的コンテンツです。

リソースを最適化するためのテクニック

リソース最適化を目指す際、CDNを使用することで得られるメリットは多岐にわたります。

例えば、画像やスクリプトの圧縮によるデータサイズの削減、複数の小さいファイルを一つにまとめてHTTPリクエストの数を減らす、ブラウザキャッシュの利用などがあります。

また、ファイルを分散させることで、サーバーへの同時アクセス数を減らし、負荷を分散することも可能です。さらに、CDNではデータの転送経路を最適化して遅延を低減する技術もあり、全体のパフォーマンス向上に寄与しています。

CDN利用で得られるキャッシングの利点

CDNを利用する最大の利点の一つがキャッシングです。

キャッシュとは、一度読み込んだコンテンツを一定期間、
利用者にとってよりアクセスしやすい場所に保存することを言い、
この過程によってデータの読み込み速度が大幅に向上します。

特に静的コンテンツにおいては、同じコンテンツを繰り返し配信することが多いため、
CDNのキャッシング機能は非常に有効です。

各エッジサーバーにキャッシュされたコンテンツが直接ユーザーに配信されるため、
オリジンサーバーへの負荷が軽減され、全体のサービス安定性の向上に繋がります。

SSL/TLSとCDNの相性とセキュリティ対策

インターネット上で情報をやり取りする際、セキュリティは欠かせません。特にウェブサイトが高速化に欠かせないCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を利用する場合、SSL/TLSというセキュリティ技術との相性はひじょうに重要になります。

SSL(セキュア・ソケット・レイヤー)やTLS(トランスポート・レイヤー・セキュリティ)は、インターネット通信の暗号化に用いられるプロトコルであり、これらの技術によって安全な通信環境が提供されます。

CDNを使用することで、全世界に点在するサーバーを介してコンテンツが配信されることになるため、通信の暗号化はさらに複雑な課題となりますが、適切にセキュリティ対策を施せば、リスクを大幅に軽減できるのです。

HTTPS通信でのCDN利用のベストプラクティス

HTTPS通信が主流になる中で、CDNを活用しているウェブサイトも、
その安全性を高めるためにHTTPS対応が必要となってきています。

はじめに、HTTPSの仕組みを理解し、
適切なSSL/TLS証明書の導入が必須であることを認識しましょう。

証明書の導入後は、CDNサーバーでのSSL/TLS設定を行い、
エンドユーザーがアクセスする際には、常に安全な通信経路を提供できるように管理することが重要です。

また、CDNベンダーが提供するセキュリティ機能やカスタマイズオプションにも目を向け、最適な設定を実施することで、ウェブサイトのセキュリティレベルを保ちつつ、高速なコンテンツ配信を実現することが可能となります。

通信暗号の有無はGoogleにとっても重要なランキングシグナルとして扱われています。

SSL/TLSを利用することのセキュリティ効果

SSL/TLSは、ウェブサイトとブラウザ間のデータを暗号化することで、
盗聴や改ざん、なりすましを防ぎます。

このプロトコルを利用することで、訪問者のプライバシーを保護し、信頼の設立にもつながります。

Eコマースサイトや個人情報を扱うウェブサイトでは、
SSL/TLSによる暗号化通信は法的要件としても定められており、
その重要性はますます高まっています。

最新のESL/TLSプロトコルには、さまざまな攻撃手法に対する安全性が強化されており、
CDNを介した高速かつ安全なコンテンツ配信を実現するためには、
これらの技術を正しく構成し運用することが不可欠です。

CDNを安全に活用するためのガイドライン

CDNを安全に使用するためには、いくつかのガイドラインがあります。

まず、CDNプロバイダーを選定する際には、セキュリティ対策の詳細や実績を確認し、
信頼できる企業を選択することが肝心です。

次に、常にSSL/TLS設定を最新の状態に保ち、定期的な更新をおこなうことで、
セキュリティの脆弱性を最小限に抑えることができます。

また、ウェブサイト管理者としては、アクセスログを定期的に監視し、
不審な動きをいち早く検出することも重要です。

さらに、多要素認証やアクセス制限など、
ウェブサイトのセキュリティレベルをさらに高めるための追加的なセキュリティ対策も検討します。

適切なCDNの選定とセキュリティ対策の施策によって、
安全かつ効率的なコンテンツ配信が可能になります。

今の時代は2要素以上の認証「多要素認証」が個人情報を扱うサービスでは必須です。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェア!

この記事を書いた人

爲國 勇芽(魔理沙っち)のアバター 爲國 勇芽(魔理沙っち) 自称:精肉社畜個人投資家自作erブロガーゲーマー

埼玉県在住のスーパーのフリーターをしながらAdsense広告によるマネタイズについて研究しています。

ITの様々なニュースや小技の発信とネット回線を紹介するメディアを運営しながら広告マネタイズのテクニックやアドテクにまつわる情報を発信しています。