Googleアドマネージャー(GAM)とは

メディアマネタイズにおいて、ひと昔前では純広告と呼ばれ一つの枠に1つの広告主と直接取引契約して、
単一の案件の広告を掲載するのが支流でした、インターネット広告黎明期に入って広告サーバーと呼ばれる
広告案件を一元に取りまとめる仕組みが誕生し、それらの集合体がアドネットワーク(adnw)です。

複数ある広告ネットワークを一元管理したり、純広告として広告枠の販売をするにあたってメディア側で
要するアドサーバーを「媒体社アドサーバーと呼びます。」その中でも群を抜いて活用されているのが、
【Googleアドマネージャー通称:GAM(ギャム/ガム)】です。

今回は、GAMの基本的な機能や使い方など解説していきます。

目次

アドサーバーとは

そもそも、アドサーバーというのは、冒頭でも説明した通りインターネット広告が普及する前の、
純広告の時代、れぞれの媒体へ個別に広告出稿を依頼する必要があり、広告掲載準備から掲載後の
レポーティングから請求まで大変な手間がかかっていました。

これを解決させるべく登場したのアドネットワーク(ADNW)と呼ばれる事業者です。

この事業者は広告を一元管理できるよう、レポーティング・管理・入稿までを
シームレスに行い、その配信に特化させるサーバーを開発しました。

それこそが【アドサーバ―】には2つの種類があります。

  • 第三者アドサーバー(3PAS)
  • 媒体社アドサーバー

アドネットワークが提供するシステム(第三者アドサーバー)

GoogleアドセンスやAdstirなど様々なアドネットワークやSSPより審査を受けてタグを発行してもらい
そのタグで広告を配信する仕組みを3PASまたは第三者(配信)広告と呼んでいます。

このようなアドネットワークなど媒体社が直接管理していない「第三者によって貸与される」
広告サーバーを「第三者アドサーバーと呼びます。」

第三者アドサーバーの場合SSPやアドネットワークのレポート(管理画面)【ダッシュボード】において
自社広告機能などがない場合純広告の配信などを媒体社でコントロールすることができないというデメリット
があります。

媒体社が用意または媒体社向けのシステム(媒体社アドサーバー)

一方でGoogleアドマネージャーやAdmiralなどの我々、パブリッシャーが直接用意またはパブリッシャーが
利用することを想定に開発・販売・提供されたアドサーバーを【媒体社アドサーバー】と呼んでいます。

一般的にメディアマネタイズにおいてセールサイド事業者などがアドサーバーと発言する場合は、
この媒体社アドサーバーを指すことが多いです。

媒体社アドサーバーでは、SSP・純広告・アドネットワークなどありとあらゆる広告を一元に管理し、
配信・分析・請求までを円滑に行うことができます。

しかし、媒体社アドサーバーは中大規模メディア(主に法人)が活用することを想定されており、
個人向けの解説情報がないので使いこなすのに時間がかかるのと個別に案件を収集して入稿する必要性があります。

Googleアドマネージャー(GAM)とは

媒体社アドサーバーの代名詞「Googleアドマネージャー(GAM)は、旧称:DFP(Double Click ForPublishers)」と「Googleアドエクスチェンジ 旧称:Double Click Ad Exchange)が2018年のブランド統合によって提供
された、開発:Double Click社、現Google傘下が開発・販売・提供する媒体社アドサーバーです。

略称呼びが業界水準で、「GAM:ガムやギャム」と呼ばれており、ウェブサイト、モバイルアプリなどのありと
あらゆる媒体の在庫販売(広告枠)を円滑にするためのレポーティングや広告の出し分けなどアドサーバーの
基本機能と(AdsenseやGoogleAdExchange)の掲載効果(収益単価)の最大・最適化が可能です。

Googleアドマネージャーを活用することで、「広告運用の効率化」「収益改善(マネタイズ)」など以下のようなことが可能になります。

  • 純広告の配信
  • ヘッダービディング等プログラマティック取引
  • ネットワーク・SSPのコードをサイト上に直貼りしてるサイトの広告管理が効率化。
  • 純広告、アドネットワーク、アフィリエイト広告等、複数のタイプの広告を運用しているメディアの収益改善。
  • 広告をデバイス・地域・URL・カテゴリ別・ユーザー別などでターゲッティング配信(Key-Value設定)
  • 広告の配信日時、配信場所、配信先などを指定して広告配信

収益改善幅はどれくらい?

収益改善幅は、Google認定代理店「アイモバイル:i-mobile」発表値で4500件以上のサポートで、
全社100%以上の収益改善の実績があります。平均倍率:1.5倍~2.0倍

運用事業者や能力の力量によってはそれ以上のケースもあります。
なぜGoogleアドマネージャーにより収益が改善するのかは、以下の記事をぜひご覧ください。

Google アドマネージャーのメリット

  • アドネットワーク・Googleアドセンス・Googleアドエクスチェンジ(ADX)・アフィリエイト・SSP
    ・自社広告などの併用による収益改善(ダイナミックアロケーション機能) が可能
  • 純広告・自社広告の運用配信の効率化
  • 年間総インプレッション1億5000万回まで費用無料(アドセンスなどGoogleサービスは含まれない)

一番のメリットが、APAC(アジア圏のパブリッシャーが契約した場合)年間総表示回数が1.5億インプレション
まで無料で使え、GoogleアドエクスチェンジやAdsenseなどが含まれないところにあります

Google アドマネージャーのデメリット

  • Googleアドマネージャーの情報がネット上に少ない(本当にこれがやばい)
  • 未経験者がサポートなしに実装・運用するまで平均3ヶ月はかかる
  • 在庫・広告ユニット・オーダー・広告申込情報・クリエイティブなどの用語のインプット
  • セールサイドの広告用語の一定の理解が必要
  • エンジニアとの連携が必要または、JavaScriptの一定の知識

Google アドマネージャーの最大デメリットは、とにかく情報がないことにつきます、Googleの認定代理店の
オウンドメディアでも機能や仕組みの使い方は紹介されても基本的にコンサル・代理運用を行うことを事業に
しているため自社運用のための使い方に関する情報がほとんど公開されていません。

エンジニアとの連携が必要または、JavaScriptの一定の知識とセールサイドにおける広告用語の一定の理解が
必要なのも個人メディアの導入の障壁となっていると言っても過言ではありません。

Googleアドマネージャーのアカウント構造

Googleアドマネージャーを運用する前に、アカウント構造を簡単に理解しましょう。
Googleアドマネージャーアカウントは、次のような構造になっています。

ちなみにGAMではアカウントのことを「ネットワーク」と呼称します。

アカウント構造を理解する上で使われる用語

用語意味広告業界で常用される単語か否か
ネットワークGoogleがアドマネージャー利用者に対して提供するシステム全体を包括するアカウントのことで、
アドセンス同様11企業1ネットワークが原則として与えられる。2
在庫在庫とは、「広告在庫(広告イベントリ)」のことで、広告の表示回数(インプレション在庫)と直接影響し収益に直接、な影響を与えるので商品として在庫と呼称することが一般的。 
広告ユニットウェブサイトやアプリ上の広告を配信できるスペース(広告枠)のことです。
広告サイズ・AdSense広告枠の設定・フリークエンシーキャップ(広告表示頻度)などの設定を行います。
プレースメント広告ユニットをグルーピングしたもの)の広告を表示できる 1 つまたは複数の広告ユニットをまとめたもの)
広告配置そのを指すプレースメント(配置)戦略という使われ方もする
 
オーダーオーダーとは、1つ以上の広告申込情報を管理する単位です。
キャンペーン毎・広告主・広告ユニット・サイズ毎などで作成します。
簡単に言うと広告申込情報をグルーピングしたものです。
広告申込情報
広告申込情報は広告の配信設定を行う単位。
配信日時・配信する広告の種類・単価調整・ターゲティング設定・表示するクリエイティブの調整などを行います。
「キャンペーン」と呼ばれる場合が多い。
 
クリエイティブ
クリエイティブ3とは、ユーザーに配信される画像や動画などのコンテンツです。
ネットワーク内の各クリエイティブは 1 名の広告主と関連付けられます。
アドセンス・第三者配信・イメージ・画像アニメーションなどを設定します。
 
  1. ネットワークとAdsenseのパブリッシャーアカウント「pub id」は異なるがポリシー審査状況は共有される
    ため、アドセンス上でポリシー違反によりアカウントが無効になると同様にGAMのネットワークも利用停止となる ↩︎
  2. 関連子会社は親会社とGoogleの追加契約で1企業にさらに1つネットワークを割り当てもらうことが可能 ↩︎
  3. 広告の内容そのものを基本的に指す、メディアのブランディングに係るのでクリエイティブの掲載を許可したり
    禁止(ブロックしたり)広告主自体の取引を制限する
    クリエティブ審査:クリエイティブコントロール
    が定期的に必要。 ↩︎
  4. GAM360(有料で使われるオーディエンスタグの配信先にしたり)、インタースティシャル用のユニットとして使うと利便性がさらに上がる。 ↩︎
  5. 「インタラクティブメディアダイナミックアドインサート」ライブストリーミングなど動的配信に
    おいて手軽に中間動画広告(ミッドロール)を挿入する機能※要GAM360 ↩︎

Googleアドマネージャーの導入方法(簡単4ステップ)MAや360向け

Googleアドマネージャー導入の流れとしては以下の4つステップを踏みます。

このステップはGAMを自社で運用するMA(マネージアカウント)や360を使う人向けです。
代理店に運用いただくMI(マネージインベントリ)の場合は別のステップになります。
詳しくはこちら

  1. Googleアドマネージャーのアカウント開設/ネットワーク設定
  2. 広告枠の設計・タグ発行
  3. 広告コードの実装
  4. オーダー・広告申込情報・クリエイティブの設定

広告コードの実装でJavaScriptの一定の知識は必要になります。

1.Googleアドマネージャーのアカウント開設/ネットワーク設定

Googleアドマネージャーは、アドセンスアカウントを持っている方なら、「こちら」から申込み可能です。
アドンセンスアカウントを持っていな方は、まずはGoogleアドセンスのアカウントを作成しましょう。

まずは、こちらのページで申しみフォームを表示させましょう。

メディアの事業について聞かれるので、「ウェブサイトまたは動画のパブリッシャー」など該当する項目にレ点を
入れ「続行」をクリックします。

次にサイトの規模やAdsenseアカウントを持っているか?メディアの発信元の国籍について聞かれるので
以下のように選択し「保存して次へ」を選びます。

  • PV数・・・0~100万回、それ以上を選ぶと中大規模向けの営業問い合わせに
    なりほとんど返信が来なくなります。
  • 次のいずれの機能・・・該当するものまたは様々な・・・でOK
  • Google Adsenseアカウントをお持ちですか・・・はい
    いいえを選ぶとアドセンスへの申し込みに案内されます。
  • ビジネスの業種は・・・ブログ,情報コンテンツでOK
  • ビジネスの拠点は・・・アジア
    それ以外を選ぶとGAMの無料プランのインプレション上限が少なくなったりします。

このような画面が出たら「アドマネージャーへのお申込み」をクリックして対象のGoogleアカウントで
ログインし、「システムの通知」「最適化のヒント」などのチェックをオンにして、「国/地域」を日本
に変更した後、利用規約に同意して「保存」ボタンをクリックしましょう。

通貨は、米ドルを選んでOKとPrebidと接続しやすいです。

なお日本円を選んだり米ドルを先に選んでもGoogleアドエクスチェンジが有効になると
予備通貨を設定することができます。

これでネットワーク設定は完了。

2.広告枠の設計・タグ発行

出典:フォーエム

広告枠を設計しプレースメント戦略を立案させ最適な広告位置をデマンドに販売していくことが収益の最大・最適化において必要不可欠です。

広告ユニットとは、広告枠のことです。

広告ユニットでは、広告サイズ・AdSense広告枠の設定・フリークエンシーキャップ(広告リクエスト頻度)
などの設定を行います。

広告ユニットの設定項目

設定項目内容必須利便性への影響
親広告ユニット在庫を入れ子にするときの階層が設定可能サイト名を親として入れ子にすると利便性が格段にあがる4  
コード識別子。保存後の設定変更不可。名前と同じものを設定する。
「サイト名・デバイス名・ページ名・ページ内の広告ユニットの場所・サイズの情報」などで命名。
 
名前広告ユニットの名前。コードと同じものを設定すると管理しやすい
コードを日本語読みにしておくとさらに利便性が上がる。
  
説明広告ユニットの補足情報あっても無くてもよい
サイズ広告ユニットに関連付けるサイズを指定する。
純広告・SSPやアドネットワーク、Prebidなど個別取引で活用される。
それ以外のAdsenseやAdxではサイズマッピングというの活用することで
可変できるため主要の広告サイズのみ設定しておく。
 
AdSense 広告枠の設定広告ユニット単位でのAdsenseを使ったダイナミックアロケーションの
可否
⚠Googleアドエクスチェンジが有効の場合この項目は使えません。
また非表示となります。
 
ターゲットウィンドウ
_top: リンク先ページがウィンドウ全体に表示されます。フレームセットが指定されている場合、フレームセットは無効です。
_blank: リンク先ページが新しい無題のウィンドウで開きます。
リンクのターゲットウィンドウと同じ設定です。
 
プレースメント:新しい広告ユニットと関連付けるプレースメントの名前の横にある [追加] をクリックします。事前にプレースメント名の定義が必要 
フリークエンシーキャップ定義済みのラベルを共有するクリエイティブについて、ユーザーに表示されるインプレッション数を制限する。
NEW:フォーマットごとによる広告のリクエスト頻度(インプレション数)
を制限する。
更新頻度モバイルアプリの広告枠で新しい広告インプレッションが生成される「自動更新広告」とする際の頻度を指定するには、更新頻度を設定します。[更新頻度(秒)] をオンにすると、「60」の値が自動的に入力。 30~120 秒の間で変更可能
補足:フォーマットフリークエンシーキャップについて

フォーマットフリークエンシーキャップを広告ユニットに設定することでネットワーク設定の値を
「オーバーライド」上書きすることができます。

  • ウェブインタースティシャル
  • アプリ起動
  • リワードインタースティシャル

主にウェブサイトではウェブインタースティシャルのフリークエンシーキャップを設定することで
現行のGoogleの初期値(1分毎に1インプレション)を元の仕様(10分1インプレション)以上の頻度に
変更することができます。

ウェブインタースティシャルノフリークエンシーは収益とユーザーの利便性に著しく影響を与えるため
長すぎず・短かすぎずの中間値を検証を重ねて設定することが重要です。

2-0.親広告ユニットの作成

基本的に魔理沙っちの広告設計はサイト名を親とするユニットの下層に実際に販売して収益化をしていく
子のユニットを作成する「入れ子」と呼ばれる形をとっています。

[広告枠]→[広告ユニット] をクリックした後、[新しい広告ユニット]をクリックしましょう。

広告ユニット作成画面になったら、親広告ユニットが最上位になっていることを確認します。

名前にサイト名を入れます。
今回当サイトの広告ユニットを並行して作成していくので、「アドセンス向上」としました。

次にコードを命名します。名前がアドセンス向上なので「adsense_up」としました。

サブディレクトリ―に置いていないなどドメイン名がそのまま入れる場合はドメイン名を入れておくと
さらに管理しやすくなります。

次にサイズを選択します。

このユニットをインタースティシャル(コーディング不要広告ユニット)とするので一般的なバナーサイズを
入れておきます。[1x1,320x250,336x280,320x480,1x1]

ポイント:サイズ:1x1はGoogleアドエクスチェンジの配信やGAM360のオーディエンスタグの配信に必須なのですべての広告ユニットにおいて必ず含ませます。

プレースメントは同じくサイト名「アドセンス向上」を定義し関連付けておきました。

フォーマットフリークエンシーキャップはネットワーク設定であらかじめ定義している10分毎を採用し
オーバーライドする必要がありませんので設定していません。

終わったさらに下にある「保存ボタンをクリック」

完了した広告ユニット一覧に戻り、リロード(再読み込み)をします。

GAMは一部の画面をのぞいて「作成・変更・保存」をするたびにブラウザーリロードが必要な謎仕様
となっています。

一覧上に作成したサイト名の親広告ユニットが作成されたら次に進みましょう。

2-1.広告ユニットの作成

親広告ユニットが作成出来たら次に実際に掲載する広告ユニットを作成していきます。

新しい広告ユニットボタンをクリックまたは、該当の親広告ユニットの横の子広告ユニットを追加をクリック

親広告ユニットがサイト名のものになっていることを確認し、名前、コード、サイズ等を設定していきます。
今回は、記事内ダブルレクタングルを例に作成しますので、サイズは[300x250,336x280,1x1]です。

最後に「保存」をクリックして作成完了。

他のフォーマットとサイズについては以下の記事で解説します。

2-2.広告タグの発行

広告ユニットの設計ができたら、広告コードを作成し実際に広告を掲載してみましょう。

初めに発行したい広告ユニットが属する親広告ユニット名の横の子広告ユニットを表示をクリックします。

2-3.タグ作成ボタンをクリック

タグを発行したい広告ユニットを選択します。

個別のユニット管理画面のタグタブに切り替えて、タグの種類をGoogleパブリッシャータグを選択します。

  • Webメディア・・・「Google パブリッシャータグ」
  • アプリ・・・・・・「モバイルアプリケーションタグ」
  • AMPページ・・・・ 「AMPタグ」
  • 動画・PODCAST(インターネットラジオ)・・・「動画とオーディオ用のGoogleパブリッシャータグ」

Googleアドエクスチェンジによって自動作成された広告広告ユニットとそれに直下する子広告ユニット
には以下のようなAd Exchangeタグを生成することもできます。

<script>
google_ad_client = "ca-pub-1239173696445430";
/* Adx_pc */
google_ad_slot = "direct_deploy_test";
google_ad_width = 300;
google_ad_height = 250;
</script><br><script>
</script>

ものとしてはよくあるGoogle Adsenseのタグを同期タグにして
読み出すスクリプトが別のものになっている程度です。

show_ads.js→adsbygoogle.js

Ad Exchangeタグ自体の使い方は以下記事で解説します。

2-4タグオプション設定

「続行」をクリックして以下のようなタグオプション選択画面に移ります。

  • パスバックタグを作成・・・SSPなどで広告案件がないときに埋め戻す「パスバック広告にする」のタグ
  • シングルリクエスト・・・SRAを有効にする「基本ONでOK」
  • 空のdiv・・・有効にすると広告案件がないときにdiv要素が折りたたまれ無駄な余白が無くなる。

ここは適宜選択でOKです。

  • ページ外クリエティブ・・・インタースティシャルやサイドレール、アンカーオーバーレイなど
    インラインでないクリエイティブが配信される広告枠とする設定。
  • ライブトラフィック・・・ストリーミング配信ページのコンパニオン広告などにあたる場合に設定。
    これによりIMA DAI5による大規模トラフィック流入にGAMが備えれるようになる。
  • サイズ・・・ここで再度広告ユニットに関連づけるサイズを設定し直せる。
  • 広告スロットのKey-Value・・・キーバリューというターゲッティング情報を広告ユニットに関連付けることが可能、後付けもできる。

2-5.タグ生成結果

ここまで完了すれば、自動的にタグが発行されます。コードは2つ生成されますが、
前者の広告タグを<head>タグ内に記載し、後者のタグを「実際に配信したい広告位置」に設定します。

そしたら次のステップコード実装に移りましょう。

3.コード実装

生成された「ドキュメントのヘッダー」をHTML内の<head>セクションに貼り付け、「ドキュメントの本文」のコードを<body>タグ内の設置したい広告位置に設置しましょう。

■ヘッダーコードの実装例

<script async src="https://securepubads.g.doubleclick.net/tag/js/gpt.js"></script>
<script>
  window.googletag = window.googletag || {cmd: []};
  googletag.cmd.push(function() {
    googletag.defineSlot('/22561910310/adsense_up/Rectangle1_Left', [[1, 1], [300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1717360721853-0').addService(googletag.pubads());
    googletag.pubads().enableSingleRequest();
    googletag.enableServices();
  });
</script>

なおPrebidなどのHeaderBddingWrapperを活用している場合は、内部処理としてインライン(連結させたり)
Prebidのスクリプトの後に置いたりすることがあります。

また、CMP(同意管理プラットフォーム)を第三者製品で活用している場合はCMPより先の位置に
GPT・・・Googleパブリッシャータグを設置すると同意パラメーターの取得不良を起こすリスクがあります。

■ドキュメント本文の実装例

<!-- /22561910310/adsense_up/Rectangle1_Left -->
<div id='div-gpt-ad-1717360721853-0' style='min-width: 300px; min-height: 250px;'>
  <script>
    googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1717360721853-0'); });
  </script>
</div>

ドキュメントの本文のコードに含まれるdivブロックのIDは一任(ユニーク)である必要があります。
したがって別ページで一度も使われていないIDであれば広告ユニットを使いまわすことも可能です。

正しく実装できていればダイナミックアロケーション機能によりAdsense申しくはGoogle Ad Exchangeの広告が
表示されているはずです。

広告ユニット上におけるAdsenseとの取り扱いの違い

機能アドセンスGoogleパブリッシャータグ(GAM)
広告タグの使いまわしどのページでも同一ページでもOK同一ページ内では使いまわせない
レスポンシブ対応開発(サイズマッピング)処理が必要
レジロード対応
(遅延読み込み)
非推奨(正しく実装できないなら基本非推奨)推奨

GAMにおけるレイジーロードやサイズマッピングについては以下の記事でそれぞれ解説しています。

4.デバッグの方法

配信前・配信後などに、広告ユニットは正常にサイト内に埋め込まれているか。

または、配信されているか確認したいことがあるでしょう。
その場合は、以下3つ方法で「Googleサイト管理者コンソール」を表示し確認することが可能です。

  • 1.ブックマークレットを活用して、Googleサイト管理者コンソールを表示
  • 2.デベロッパーツールを活用
  • 3URLを利用する方法

一番簡単な方法としては、URLの末尾に「?google_force_console=1」
というパラメーターを追加する方法です。

https://excample.com?google_force_console=1

もっと詳しいデバッグ方法を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

次回オーバーレイ広告の実装方法です 

その他:Googleアドマネージャーの使い方

基本情報

収益改善

広告配信設定

  • 広告の入稿方法
  • Key-Value(キーバリュー)を活用したカスタムターゲティングの設定方法
  • Googleアドセンスの配信方法
  • セキュアシグナルについて
  • OpenBidding配信設定

レポーティング

  • アドセンス成果をレポート機能で確認する方法

トラブルシューティング

  • Googleアドマネージャーのデバッグ方法
  • Googleアドマネージャーのアカウント開設できない理由

その他

  • ads.txtとは
  • Googleのads.txtの設置方法を追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェア!

この記事を書いた人

爲國 勇芽(魔理沙っち)のアバター 爲國 勇芽(魔理沙っち) 自称:精肉社畜個人投資家自作erブロガーゲーマー

埼玉県在住のスーパーのフリーターをしながらAdsense広告によるマネタイズについて研究しています。

ITの様々なニュースや小技の発信とネット回線を紹介するメディアを運営しながら広告マネタイズのテクニックやアドテクにまつわる情報を発信しています。