近年、「VR」や「メタ―バース」と呼ばれる技術に関する記事やニュースを目にする機会が増えている。しかし、VRの意味が何となく分かっていても詳しい仕組みや活用事例を理解していない人が少なくない。

そこで、まずはVRの意味を解説した上でしくみや分野別の活用事例について詳しく紹介していく。

目次

VRとは?

VRとは、そもそもどのような意味でどのようなことができる技術でしょうか?

VRの意味

VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されます。

ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」と言う意味が含まれており、VRによって
「限りなく現実に近い体験が得られる:と言うことを示します。

VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。
そしてVR空間のことを仮想空間呼び、仮想空間に広がる世界をメタバース「仮想世界」と呼びます。

VRでどんなことができる?

VRでどんなことができる?

VRゴーグルの装着で視界が360°覆われ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られる。

また、近年ではリモコン操作によって自分の動きがVR映像内に反映されたり、CGなどで活用される
モーショントラッカーを付けることで体全体の動きをVR空間上に反映させることが可能になり、
よりリアルな体験が得られるようになった。

特に、ゲームや音楽のライブなど、エンターテインメントの世界が他分野に先行して多くのコンテンツを提供しており、VRの普及に貢献しています。

さらに、VRより前に出ている3D(立体音響)の仕組みを使ってさらに没入感を高めたり、どこにいても教室と同じ授業が受けられる教育関連、遠隔地から手術や治療を支援する医療や介護、現地に行かなくても体感できる観光や住宅販売など、さまざまな分野へVRの利用が広がっています。

さらにVRでは、受け手が自由に視点を変えられることも特徴です。

予め決められた内容を送信する従来型のメディアとは異なる新しい配信の形(双方向のコミュニケーションなど)が、マスメディアはもちろん、YouTuberなど個人の配信者にも求められるようになるでしょう。

VRのしくみ

VRのしくみ

VRによって仮想空間を体験できるしくみは、どのようになっているのでしょうか?

現在販売されているほぼすべてのVR機器は、ヘッドセットと呼ばれるゴーグル(メガネのレンズにあたる部分がディスプレイになっています)をかけ、顔の向きに合わせて映像を表示する(変化させる)技術がベースになっています。

映像の立体視は、ディスプレイの液晶を右目と左目に区切って映像を分けることで実現しました。

左右のレンズ配置もそれぞれの映像が見やすいようになっているなど、VRの世界に浸るための工夫が至るところに施されています。また、多くのVRヘッドセットにレンズのピント調整機能が備わっており、高い没入感を得られるようになっています。

VRを楽しむために必要な物

VRを楽しむためには、VR機器をはじめとした、下記の3点をそろえるといいでしょう。

VR機器

もちろん、機器によって備えている機能が異なるため、必要となる付属品や、体験できる仮想空間の没入感も変わってきます。

スマホに取り付けて利用する安価なヘッドセットと、深い没入感が得られるヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルでは、価格に大きな開きがあります。

機器の購入に際しては、機能や価格はもちろん、
使えるアプリやサービスなどで比較・検討することが大切です。

より高い没入感を得るために

限りなくリアルに近い体験を得るには、やはりSteamVRがおススメです。

SteamVRのフルトラッキング構成は、

  • HMD(ヘッドマウントディスプレイ)x1
  • ベースステーションx2
  • コントローラーx2
  • VIVEトラッカーx10

アバターと肉体の「全身」(フルボディ)の動きを連動させる技術のことを「全身トラッキング」=「フルボディトラッキング」=「フルトラッキング」、略して「フルトラ」と言います。

フルトラ状態

外側の人からすれば何をしているのか理解できないですね。

しかし、ながら入門直後でこれをしようとすると費用がトンデモないことになるので気を付けましょう。

VRの活用事例

続いて、VRが実生活においてどのように活用されているのかを見ていきましょう。大きなムーブメントとなっているVRだけに、実にさまざまな分野で活用されていますが、ここでは「スポーツ」「広告」「医療」「エンターテイメント」の4分野における事例をご紹介します。

・スポーツにおけるVR活用

スポーツにおけるVR活用

スポーツ分野において、VRは観客とプレイヤーの双方に活用されています。

観客としてVRを活用しているのは、スポーツ観戦に特化した「動画配信プラットフォーム」です。従来のテレビ放送やネット配信のカメラワークとは異なり、360°好きなところを見回すことで、高い没入感と臨場感が味わえます。特定の選手や監督の視点はもちろん、ボールなどの道具、施設の視点から試合を観戦できるのは、スポーツファンにとって大きな魅力といえるでしょう。

また、プレイヤー(選手)は、トレーニングにVRを活用できるようになっています。対応している競技も、野球やゴルフ、スキーなどさまざま。ジムやフィールドとは違い、難度や環境を変えながら、繰り返し練習できるメリットが、VRを活かしたトレーニングにはあるのです。

・広告におけるVR活用

広告におけるVR活用

従来のデジタル広告とは異なる「VR広告」も登場しています。VRによって商品ディスプレイの自由度が格段に上がったことで、視聴者(ユーザー)が見ている映像に全方位型の広告を流したり、商品に触れることができるようにして実際の使用感を試させたり、VR空間内にあるテレビにCMを流すといったことが可能になりました。

一方通行ではなく、視聴者とコミュニケートしながら溶け込んでいく「体験型」広告は、これまでと違う形のプレゼンテーションの方法として注目を集めています。

・医療におけるVR活用

医療におけるVR活用

VRは、医療分野でもさまざまな活用事例があります。例えば、実際の手術の様子をVRで見学可能にして、世界各国の医師と共有するという使い方は、医師の技術向上に大いに役立つものとして事例が増えています。

第一線の医師が執刀する手術をリアルに体験できることは、医療の道を志す学生や経験の少ない医師はもちろん、同じ分野の医師にとっても、大きな経験となるでしょう。また、事前にVRで手術を行うことで、ミスの許されない手術のシミュレーションも可能になりました。こうしたVRの活用によって、難度の高い手術の成功率が高まることが期待されます。

エンターテイメント

ホロライブキービジュアル
出典:ホロライブプロダクション(カバー株式会社)

エンターテイメント業界、特に動画の分野においては、ホロライブプロダクションを筆頭に
VR機能を活用したライブ配信者「バーチャルユーチューバー」略称Vtuberが成長を遂げている。

中でも、VRデバイスの購入コストが下がってきた今、個人のイラストライターが自身で絵をかき
Live2Dと呼ばれるアニメーションソフトを用いたりして活動する無所属/個人Vtuberと呼ばれる
配信者も人気がある。

また、VRビジネスで大成功を収めているホロライブプロダクションを運営する、
カバー株式会社はメタ―バース空間「ホロアース:holoearth」の開発・運営の準備を進めている。

今後のVRの需要は?

IT専門調査会社IDC Japan株式会社の「2022年までの世界AR/VR関連市場予測」によると、2022年の世界のAR/VR関連市場規模は2,087億ドルで、2017年から2022年にかけての年間平均成長率は71.6%となっています。特に、VRゲーム分野は圧倒的な存在感を示すと予測されており、VRの需要は今後も非常に高いといえそうです。

ゲーム・エンターテイメント以外の分野においては、まだ活用事例が多くないVRですが、今後、対応機器の普及に従ってプレゼンやPR、調査や設計などの実務に使われる場面が増えることが予想されます。

「VRコンテンツに興味がわいた」「VR体験をしてみたい」という方は、自分が興味のある分野において、どのようなVRの活用事例や体験方法があるのか、今のうちにチェックしておくといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェア!

この記事を書いた人

爲國 勇芽(魔理沙っち)のアバター 爲國 勇芽(魔理沙っち) 自称:精肉社畜個人投資家自作erブロガーゲーマー

埼玉県在住のスーパーのフリーターをしながらAdsense広告によるマネタイズについて研究しています。

ITの様々なニュースや小技の発信とネット回線を紹介するメディアを運営しながら広告マネタイズのテクニックやアドテクにまつわる情報を発信しています。